研究目的 研究プロジェクト概要 プロジェクトメンバー 分析装置 研究発表 中間報告 最終報告
 
研究プロジェクト 概要
   
   
  難分解な残留性有機汚染物質(POPs)への対策が至急の課題となっている中 で、本研究で取り扱う残留性有機物質は、「各種医薬品類や身体ケア製品(化粧品や抗菌せっけんなど)」(PPCPs)や「日用品」(CCPs)由来の残留 性有機化学物質です。この中には鎮痛剤や抗生物質などの医薬品のほか、抗菌剤や各種の工業製品に含有されている有機フッ素化合物 (PFCs)が含まれています。本研究では、残留性有機物質のリスク低減を目指した新処理技術の開発を最終的な目標として、これらの物質に関する次の 1.〜6.に示す研究を行います。図3は下記研究項目を研究の流れに沿って表示します。
   
 
  1. 東大阪地域を中心とする河川、湖沼、底泥、土壌などでの環境中動態と消長(fate)に関する調査研究
  2. 下水処理場、病院、製造工場における排出実態と処理プロセス内挙動に関する調査研究
  3. 当該化学物質の低減、ゼロエミッションのための下排水、汚泥の新処理技術の開発
  4. モデルシュミレーションによる化学物質の消長(fate)と環境リスクの把握
  5. 1.〜3.のための化学物質分析手法の開発
  6. 1.〜3.を評価するためのバイオアッセイ等による毒性評価法の開発
   
 
 
内をクリックすると内容を紹介します。
 
図3 研究スキーム

○医薬品類各種
(神経用薬、ホルモン剤、外 皮用薬、腫瘍用薬、抗生物質等)
○残留性有機フッ素化合物 PFOA (Perfluorooctanoic acid)
PFOS(Perfluorooctane sulfonate)
  • PFCs(Perfluoro chemicals)
○家庭用抗菌剤
  • TCC(Triclocarbon)
  • TCS(Tricbsan)
(A-1)分析手法開発 (A-2)毒性評価法開発
 
       
(B-2)
Fate
モデル化
(B-1)
環境中動態とFate
 
(C)
既存処理プロセスに
おける処理
 
河 川、小沼、底泥、土壌  
 
毒性評価
下水処理 場、
病院など
     
         
    [ 分解挙動 ]  
         
(A-3)
有用微生物の
スクリーニング
遺伝子解析
 
(D)水中からの除去・分解方法の検討
 
   
[ 生物学的手法]   [物理学的手法]  
     
   
(E)汚泥・残渣処理技術開発
毒性試験
       
   
(F)ゼロエミッション処理プロセスの構成
 
           
 
 
   
 
図4 処理手法開発(下・排水処理の例)
下・
排水

T
[調 査]
1.既存生物処理法
(活性汚泥法)
医 薬品類
PFCs

水系
[開発]
3.高度処理法再構築
放流
(バイオアッセイによる毒性評価)
           
  TCC等

汚泥系等
[調査]
5.既存汚泥処理系の調査
溶融法へ
         
下・
排水

U
[開発]
2.能力強化型
膜分離微生物法
TCC等

汚泥系等
[開発]
6.汚泥中難分解性
汚染物質の除去
汚泥リサイクル
(低温加熱による ガス化、触媒分析)
           
  医薬品類
PFCs

水系
[開発]
4.物質選択型高度処理法
放流
(バイオアッセイ等による毒性評価)
           
 
[開発]
7.分解微生物の探索と利用
       
             
下・
排水

V

[開発]
8.高度物理・化学的処理法
(膜分離法、光分解法、化学的酸化法、吸着法等)

下水道へ
(分析)
               
 
Osaka Sangyo University. All rights reserved