研究目的 研究プロジェクト概要 プロジェクトメンバー 分析装置 研究発表 中間報告 最終報告
 
研究発表
   
  論 文
   
  谷口省吾, 尾崎博明, 山田修, Rabindra Raj GIRI : 多孔質セラミックス電極を用いた排水中医薬品の電気分解処理, 環境工学研究論文集.第44巻, pp.299-305(2007.11)
   
  尾崎博明, 池島規人, 深見晃司, 児戸睦尚, 松井三郎 : 低圧逆浸透膜による医薬品類及びケア製品由来物質(PPCPs)の分離特性と影響因子, 環境工学研究論文集.第44巻, pp.275-282(2007.11)
   
  Rabindra Raj Giri, Hiroaki Ozaki, Takehiko Ishida, Ryohei Takanami, Shogo Taniguchi “Synergy of ozonation and photocatalysis to mineralize low Concentration 2,4-dichlorophenoxyacetic acid in aqueous solution”CHEMOSPHERE, vol.66, 1610-1617(2007)

 

R. R. Giri,H.Ozaki,S.Taniguchi,R.Takanami “Photocatalytic ozonation of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid in water with a new TiO2 fiber” International Journal of Environmental Science and Technology,vol.5,No.1,pp.17-26 (2008.1)

 

H.Ozaki,N.Ikejima,Y.Shimizu,K.Fukami,S.Taniguchi, R. R. Giri,S.Matsui  “Rejection of Pharmaceuticals and Personal Care Products (PPCPs) and Endocrine Disrupting Chemicals (EDCs) by Low Pressure Reverse Osmosis Membrane” Water Science & Technology Vol.58, NO.1, pp.73-81 (2008.9)

 

R. R. Giri,H.Ozaki,R.Takanami,S.Taniguchi “Heterogeneous Photocatalytic ozonation of 2,4-D in dilute aqueous solution with TiO2 fiber” Water Science & Technology Vol.58, NO.1, pp.207-216 (2008.9)

 

橋本政明、山下義弘、濱崎竜英、谷口省吾、高 浪龍平、Rabindra Raj Giri、林新太郎、尾崎博明 「高温高圧条件下における2,4‐ジクロロフェノキシ酢酸の分解」、環境技術、vol.38、No.3、pp.53‐59  (2009.3)



櫻井伸治,藤川陽子,角本真澄美,濱崎竜英, 菅原正孝,他 : 根圏域におけるエストロゲン消失経路に関する検討-植物摂取の観点から-,環境衛生工学研究,Vol.22, No.3,pp.140-143 (2008.10)



S.Sakurai,Y.Fujikawa, M.kakumoto,M.Sugahara,T.Hamasaki,M.Umeda and M.Fukui  : The Effect of Soil and Trifolium repens(white clover) on the Fate of Estrogen,Jr.Environmental Science and Health Part B,Vol.44,pp.284-291 (2009)



橋本政明,山下義弘,濱崎竜英,谷口省吾,高 浪龍平,Rabindra Raj Giri,林新太郎,尾崎博明 : 高温高圧条件下における2,4‐ジクロロフェノキシ酢酸の分解,環境技術,vol.38,No.3,pp.53‐59 (2009.3)



Rabindra Raj Giri, Hiroaki Ozaki, Syusaku Ota, Shogo Taniguchi,Ryohei Takanami : Influence of inorganic solids on Photocatalytic oxidataion of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid with UV and TiO2 fiber in aqueous Solution, DESALINATION , Vol.255, pp.9‐14 (2010.1)



R. R. Giri,H.Ozaki,S.Ota, R.Takanami,S.Taniguchi : Degration of common pharmaceuticals and personal care products in mixed solutions by advanced oxidation techniques,International Journal of Environmental Science and Technology, Vol.7,No.2, pp.251-260 (2010.2)



M.Hashimoto, S.Taniguchi,R.Takanami,R.R.Giri and H.Ozaki:Oxidative degradation of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid(2,4-D) in subcritical and supercritical waters,Water Science & Technology,Vol.62,No.3,pp.484-490(2010)



Ryohei TAKANAMI, Hiroaki OZAKI, Rabindra Raj GIRI, Shogo TANIGUCHI, Shintaro HAYASHI:Detection of Antiviral Drugs Oseltamivir Phosphate and Oseltamivir Carboxylate in Neya River, Osaka,Japan, Journal of Water and Environment Technology, Vol.8,No.4, pp.363-372 (2010.12)



R.R.Giri,H.Ozaki, Y.Takayanagi,S.Taniguchi,R.Takanami:Efficacy of ultraviolet radiation and hydrogen peroxide oxidation to eliminate large number of pharmaceutical compounds in mixed solution,International Journal of Environmental Science and Technology, Vol.8,No1, pp.19-30 (2011.1)



R. R. Giri, H. Ozaki, T. Morigaki, S. Taniguchi and R. Takanami : UV photolysis of perfluorooctanoic acid (PFOA) in dilute aqueous solution, Water Science and Technology, Vol.63,No.2, 276-282 (2011.2)


  国際学会発表
   
  Rabindra Raj Giri, 尾崎博明, 島田侑幸, 谷口省吾, 高浪龍平 : Photocatalytic ozonation of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid with TiO2 fiber catalyst, Proc.of 2nd IWA-Asia Pacific Regional Group Conference & Exhibition, (2007.10)
   
  高浪龍平, Rabindra Raj Giri, 尾崎博明, 谷口省吾 : HOBT-MEDIATED DEGRADATIONS OF AZO DYE AND ANTHRACENE BY WHITE-ROT FUNGI, Proc. of 11th International Waste Management and Landfill Symposium, (2007.10)
 
  学会発表
   
  高浪龍平, 陳霞明, 尾崎博明, 林新太郎 : リグニン分解酵素によるアゾ染料の分解と酵素由来ラジカルとの関係, 第57回日本木材学会大会研究発表要旨集(CD), (2007.8)
   
  高浪龍平, 尾崎博明, 林新太郎, 陳霞明 : カワラタケを用いた銅添加によるアゾ染料分解への影響, 土木学会第62回年次学術講演会講演概要集部門Z, pp.23-24(2007.9)
   
  谷口省吾, 尾崎博明, 山田修, 河崎大輔 : 溶質分離機能を有する電極による排水中医薬品の電気分解処理, 土木学会第62回年次学術講演会講演概要集部門Z, pp.237-238(2007.9)
   
  尾崎博明, 谷口省吾, 山田修 : 溶質分解機能を有する多孔質電極による排水中医薬品の電気処理, 第7回環境技術学会年会, pp.141-142(2007.9)
   
  陳霞明, 高浪龍平, 尾崎博明, 林新太郎 : 白色腐朽菌による難分解性物質分解を促進させる添加剤の検討, 第7回環境技術学会年会, pp.59-62(2007.9)
   
  高浪龍平, 尾崎博明, 林新太郎, 陳霞明, Rabindra Raj GIRI : 白色腐朽菌によるアゾ染料の脱色特性について, 第44回環境工学研究フォーラム講演集2007, pp.101-103(2007.11)
   
  高浪龍平, 陳霞明, 尾崎博明, 林新太郎 : 白色腐朽菌による難分解性着色排水の分解と酵素由来のラジカルについて, 第18回廃棄物学会研究発表会論文集, pp.951-953(2007.11)
   
  谷口省吾, 尾崎博明, 山田修, 田中嵩人, 西正貢 : 溶質分解機能を有する電極を用いた医薬品含有排水の電気分解処理法, 第18回廃棄物学会研究発表会論文集, pp.954-956(2007.11)
   

橋本政明, 尾崎博明, 山下義弘, 濱崎竜英 : 「高温高圧条件化におけるトリクロサンの分解」, 第42回日本水環境学会年会講演集, p193 (2008.3)

 

櫻井伸治, 角本真澄美, 藤川陽子, 福井正美, 菅原正孝, 濱崎竜英, 大山瞳, 梅田幹雄 : 「植物存在下での家畜排泄物消化液中エストロゲンの消長」, 第42回日本水環境学会年会講演集, p256 (2008.3)

 

角本真澄美, 櫻井伸治, 藤川陽子, 濱崎竜英, 菅原正孝 : 「家畜排泄物消化液中のエストロゲンの植物成長への影響」, 第42回日本水環境学会年会講演集, p257 (2008.3)

 

谷口省吾, 尾崎博明, 菅野悦次, 広瀬知直, 土井健司, 熊谷卓也 : 「下水処理過程における有機フッ素化合物の挙動について」, 第42回日本水環境学会年会講演集, p270 (2008.3)

 

尾崎博明, 谷口省吾, 山田修, 西正貢, 田中嵩人 : 「多孔質セラミックス電極を用いた排水中有機フッ素化合物の電気分解処理」第42回日本水環境学会年会講演集, p297 (2008.3)

 

折立文子, 藤川陽子, 福井正美, 梅田幹雄, 原侑子, 庄本奈津子, 菅原正孝, 濱崎竜英 : 「メタン発酵消化液中のエストロゲンの分解抵抗性の検討」, 第42回日本水環境学会年会講演集, p383 (2008.3)

 

高浪龍平, 陳霞明, 尾崎博明, 林新太郎 : 「添加物による白色腐朽菌由来酵素の促進とそのラジカルについて」, 第42回日本水環境学会年会講演集, p588 (2008.3)

 

谷口省吾, 杉田啓輔, 長谷川暢彦, 尾崎博明 : 「下水試料中有機フッ素化合物の最適分析法の検討」, 第17回環境化学討論会講演要旨集, pp.548-549 (2008.6)

 

谷口省吾, 尾崎博明, 牧浦健一 : 「間接熱脱着法による土壌中有機フッ素化合物の浄化に関する研究」,  第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, pp.377-380 (2008.6)

 

谷口省吾, 尾崎博明, 広瀬知直 : 「下水試料中のPFOA, PFOSおよびPPCPsの同時分析法の検討」, 第11回日本水環境学会シンポジウム講演集, p145 (2008.9)

 

櫻井伸治, 藤川陽子, 濱崎竜英, 菅原正孝, 角本真澄美, 福井正美, 高橋千太郎 : 「植物による根圏域エストロゲン消失‐エストロゲン消失経路の検討と家畜排泄物消化液添加の影響‐」 第8回環境技術学会予稿集, pp.79-80 (2008.9)

 

高浪龍平, 尾崎博明, 林新太郎, 陳霞明 : 「白色腐朽菌を用いた着色糖蜜廃液の脱色」, 第8回環境技術学会予稿集, pp.127-128 (2008.9)

 

広瀬知直, 尾崎博明, 谷口省吾, 菅野悦次, 中平亨 : 「下水処理過程におけるPFOAおよび PFOSの挙動について」, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集部門Z, pp. 3-4 (2008.9)

 

高浪龍平, 尾崎博明, 林新太郎, 陳霞明 : 「カワラタケを用いたメディエーター添加によるアゾ染料脱色への影響について」, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集部門Z, pp. 177-178 (2008.9)  

 

櫻井伸治, 藤川陽子, 福井正美, 高橋千太郎, 梅田幹雄, 角本真澄美, 濱崎竜英, 菅原正孝 :「植物によるエストロゲン消失に家畜排泄物が及ぼす影響の検討‐植物由来の酵素消失効果およびエストロゲンの植物移行の可能性を中心に‐」, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集部門Z, pp. 193-194 (2008.9)

 

田中嵩人, 尾崎博明, 谷口省吾, 山田修 : 「導電性多孔質セラミックス電極を用いた排水中有機フッ素化合物の電機分解について」, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集部門Z, pp. 305-306 (2008.9)  

 

田中嵩人,尾崎博明,谷口省吾, 笠原慎也, 橋本政明 : 「電気化学的処理法による排水中のPFOAおよびPFOSの除去について」, 第45回環境工学研究フォーラム講演集, pp.50-51, (2008.11)

 

橋本政明, 山下義弘, 高浪龍平, 谷口省吾, Rabindra Raj GIRI, 林新太郎, 尾崎博明 : 「高温高圧条件下における2,4-ジクロロフェノキシ酢酸 (2,4-D)の分解挙動」, 第45回環境工学研究フォーラム講演集, pp.52-54, (2008.11)

 

橋本政明, 尾崎博明, 林新太郎, 谷口省吾, 高浪龍平, R.R.Giri : 「高温高圧条件下における2,4‐D分解に及ぼす過酸化水素添加の効果」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p87 (2009.3)

 

谷口省吾, 広瀬知直, 尾崎博明, 藤田剛史, 野村知之 : 「寝屋川水系におけるPPCPsおよび有機フッ素化合物の挙動」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p203 (2009.3)  

 

田中嵩人, 尾崎博明, 谷口省吾, 笠原慎也 : 「電気分解処理法による排水中医薬品類の除去について」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p266 (2009.3) 

 

川端元気, 櫻井伸治, 松葉武史, 藤川陽子, 菅原正孝, 濱崎竜英, 角本真澄美 : 「エストロゲンが土壌微生物を介して植物生長に与える影響の予備的検討」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p283 (2009.3)

 

櫻井伸治, 川端元気, 松葉武史, 藤川陽子, 濱崎竜英, 菅原正孝, 角本真澄美, 福井正美, 梅田幹雄, 高橋千太郎 : 「植物根圏域におけるエストロゲン消失経路の同定の試み」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p284 (2009.3)

 

南淳志, 谷口省吾, 西和也, 尾崎博明 : 「間接熱脱着処理の土壌中有機フッ素化合物への適用」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p383 (2009.3)

 

広瀬知直, 尾崎博明, 谷口省吾, 菅野悦次, 中平亨, 藤田剛史, 野村知之 : 「下水処理過程におけるPPCPsの濃度変化」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p438 (2009.3)

 

高浪龍平, 尾崎博明, 林新太郎, 陳霞明 : 「白色腐朽菌由来酵素による着色糖蜜廃液の脱色」, 第43回日本水環境学会年会講演集, p556 (2009.3)

 

谷口省吾,杉田啓輔,長谷川暢彦,広瀬知直, 高浪龍平,尾崎博明 : 下水試料中医薬品類の多成分分析法の検討,第18回環境化学討論会講演要旨集,pp. 598-599(2009.6)



南淳志,谷口省吾,西和也,尾崎博明 : 間 接熱脱着における土壌中有機フッ素化合物の分解挙動について,第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,pp.515-518 (2009.6)



谷口省吾,尾崎博明,広瀬知直 : 下水処理工程におけるPPCPsの挙動についての検討,第46回下水道研究発表会,pp. 278-280 (2009.7)



南淳志,谷口省吾,尾崎博明:間接熱脱着法を 用いた土壌中有機フッ素化合物の処理に関する研究,土木学会第64回年次学術講演会講演集,pp. 383-384 (2009.9)



櫻井伸治,藤川陽子,高橋千太郎,梅田幹雄, 川端元気,松葉武史,濱崎竜英,菅原正孝:土壌中でのエストロゲン消失にシロツメクサが及ぼす影響と消失経路に関する検証,土木学会第64回年次学術講演 会講演集,pp. 407-408 (2009.9)



高浪龍平,陳霞明,尾崎博明,林新太郎 : 白色腐朽菌を用いた難分解性着色糖蜜廃液の脱色について,土木学会第64回年次学術講演会講演集,pp. 369-370 (2009.9)



陳霞明,尾崎博明,谷口省吾,高浪龍平 : 低圧逆浸透膜による水中の有機フッ素化合物の分離,土木学会第64回年次学術講演会講演集,pp. 89-90 (2009.9)



高浪龍平,尾崎博明,林新太郎、陳霞明 : 白色腐朽菌由来酵素による着色糖蜜廃液の脱色と分解挙動,第9回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.87-88 (2009.9)



川端元気,毛動輝,リョウヨウキョウ,リン キョウ,櫻井伸治,藤川陽子,菅原正孝,濱崎竜英 : 窒素枯渇環境下でのエストロゲンの植物生長への影響,第9回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.79-80 (2009.9)



櫻井伸治,藤川陽子,高橋千太郎,川端元気, 濱崎竜英,菅原正孝 : シロツメクサと微生物がエストロゲン消失に及ぼす影響の検討,第9回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.77-78 (2009.9)



陳霞明,尾崎博明,林新太郎 「低圧逆浸透膜 による水中の有機フッ素化合物及び医薬品類の分離」,第9回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.55-56 (2009.9)



田中嵩人,谷口省吾,尾崎博明 : 電気分解処理法による模擬排水中医薬品類の除去特性について,第9回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.53-54 (2009.9)



高浪龍平,尾崎博明,林新太郎,陳霞明 : リグニン分解酵素およびメディエーターによるアゾ染料の脱色と酵素由来ラジカルとの関係,第46回環境工学研究フォーラム講演集,pp. 117-119 (2009.11)



田中嵩人,谷口省吾,尾崎博明 : 電気分解処理法による模擬排水中における医薬品類の除去特性について,第46回環境工学研究フォーラム講演集,pp. 92-93(2009.11)



辻鎮,尾崎博明,林新太郎,谷口省吾 : 活性汚泥混合溶液中におけるニコチンの消長,第44回日本水環境学会年会講演集,p698(2010.3)



田中嵩人,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 電気分解処理法による有機フッ素化合物の分解および分解過程の検討,第44回日本水環境学会年会講演集,p420(2010.3)



谷口省吾,田中嵩人,尾崎博明,林新太郎 : 電気化学的処理法におけるPFOS構造異性体の分解挙動について,第44回日本水環境学会年会講演集,p419(2010.3)



岡田達也,尾崎博明,林新太郎,ラビンドラ  ラジャ ギリ : 紫外線による有機フッ素化合物のPFOAの分解について,第44回日本水環境学会年会講演集,p321(2010.3)



陳霞明,尾崎博明,谷口省吾,高浪龍平 : 低圧逆浸透膜による水中の有機フッ素化合物の分離について,第44回日本水環境学会年会講演集,p182(2010.3)



川端元気,毛動輝,寥榕強,林嬌,藤川陽子, 櫻井伸治,菅原正孝,濱崎竜英,角本真澄美 : 根粒菌とエストロゲン存在下での植物の生長と栄養塩吸収,第44回日本水環境学会年会講演集,p153(2010.3)



櫻井伸治,川端元気,藤川陽子,濱崎竜英,菅 原正孝,高橋千太郎 : エストロゲン分解酵素共存時のエストロゲン測定法ならびに当該酵素の特性の検討,第44回日本水環境学会年会講演集,p151(2010.3)



高浪龍平,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 寝屋川における抗インフルエンザ薬の動態,第44回日本水環境学会年会講演集,p7(2010.3)



高浪龍平,尾崎博明,谷口省吾,林新太郎 : インフルエンザ流行に伴う河川中関連物質の変動,第19回環境化学討論会講演要旨集,pp.564-565 (2010.6)



川端元気,櫻井伸治,藤川陽子,菅原正孝,濱 崎竜英,谷口省吾,高浪龍平 : シロツメクサ由来酵素がエストロゲン消失に及ぼす影響の検討,土木学会第65回年次学術講演会講演集,pp.383-384(2010.9)



高浪龍平,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 大阪府東部における河川中のタミフルおよびタミフル代謝物濃度について,土木学会第65回年次学術講演会講演集,pp.367-368 (2010.9)



岡田達也,Rabindra Raj Giri,尾崎博明,林新太郎 : 異なる気体を用いた紫外線によるPFOAの分解について,土木学会第65回年次学術講演会講演集,pp.125-126 (2010.9)



谷口省吾,尾崎博明,林新太郎,田中嵩人 : 電気化学的処理法によるPFOAおよびPFOSの分解と構造異性体ごとの除去特性について,土木学会第65回年次学術講演会講演集,pp.123-124 (2010.9)



辻鎮,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 活性汚泥混合溶液におけるニコチン代謝物の同定,土木学会第65回年次学術講演会講演集,pp.87-880 (2009.9)



岡田達也,尾崎博明,Rabindra Raj Giri,高浪龍平 : 異なる濃度条件における紫外線を用いたPFOA分解について,第10回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.126-127(2010.9)



川端元気,菅原正孝,藤川陽子,櫻井伸治 : 土壌に生育する植物由来の酵素によるエストロゲン分解の検討,第10回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.72-73 (2010.9)



高浪龍平,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 寝屋川水系におけるタミフルおよびタミフル代謝物の分布と推移,第10回環境技術学会研究発表大会予稿集,pp.28-29 (2010.9)



谷口省吾,内山善基,尾崎博明 : 間接熱脱着法によるPFOAおよび関連物質の分離と分解について,第47回環境工学研究フォーラム講演集,pp.240-241(2010.11)



高浪龍平,尾崎博明,林新太郎,谷口省吾 : 環境水中のリレンザおよびタミフル・タミフル代謝物の同時分析法の検討,第47回環境工学研究フォーラム講演集,pp.181-183(2010.11)



橋口亜由未, 谷口省吾, 中川正貴, 尾崎博明, 林新太郎 : 電気化学的処理法におけるペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)の除去特性,第6回日本水環境学会関西支部研究発表会講演予稿集,pp.35-36 (2010.12)



高浪龍平, 谷口省吾, 尾崎博明, 林新太郎 : 抗インフルエンザ薬タミフル・タミフル代謝物およびリレンザの同時分析について,第6回日本水環境学会関西支部研究発表会講演予稿集,pp.3-6 (2010.12)



高浪龍平, 谷口省吾, 尾崎博明, 林新太郎 : 寝屋川河川中における抗インフルエンザウイルス薬の推移,第45回日本水環境学会年会講演集,p584(2011.3)



岡田達也, 尾崎博明, Rabindra Raj Giri, 滝北秀 : 異なる水質条件におけるPFOAの紫外線光分解,第45回日本水環境学会年会講演集,p569(2011.3)



内山善基, 谷口省吾, 尾崎博明,輿水智仁 : 間接熱脱着法による土壌中のPFOA,PFNAおよびFTOHsの除去について,第45回日本水環境学会年会講演集,p550(2011.3)



橋口亜由未, 谷口省吾, 尾崎博明, 林新太郎 : 電気化学的処理法におけるペルフルオロスルホン酸類の除去,第45回日本水環境学会年会講演集,p455(2011.3)



川端元気,孫小涵,松村賢,林燕青,藤川陽 子,櫻井伸治,谷口省吾,尾崎博明,菅原正孝,濱崎竜英 :ぺルオキシダーゼなどエストロゲン分解能を持った酵素の同定とエストロゲンの挙動,第45回日本水環境学会年会講演集,p452(2011.3)



谷口省吾,内山善基,尾崎博明 : 負イオン化学イオン化法を用いたGC/MS/MSによる水中フルオロテロマーアルコール類の分析,第45回日本水環境学会年会講演集,p287 (2011.3)



辻鎮,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 活性汚泥混合溶液中における抗ウイルス薬の除去特性,第45回日本水環境学会年会講演集,p113(2011.3)



高浪龍平, 尾崎博明, 谷口省吾, 林新太郎, 日根野綾香 : 下水処理過程における抗インフルエンザウイルス薬の消長と分配,第20回環境化学討論会講演要旨集,pp.623-624 (2011.7)



辻鎮,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎,西村佳 祐 : 水中抗ウイルス薬を対象とした同時分析の検討,第20回環境化学討論会講演要旨集,pp.608-609 (2011.7)



内山善基,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 活性炭抽出と燃焼イオンクロマトグラフ法を用いる水中PFOS分析法の検討,第20回環境化学討論会講演要旨集,pp.586-587 (2011.7)



橋口亜由未,谷口省吾,尾崎博明,林新太郎 : 電気分解処理後のPFOS・PFOA含有溶液中の短炭素鎖フッ素化合物の高精度分析,第20回環境化学討論会講演要旨集,pp.572-573 (2011.7)


  展示発表
   
  尾崎博明, 谷口省吾, 高浪龍平 : 新素材・多孔質セラミックスを利用した環境浄化技術,けいはんな「光, 健康・福祉, 環境」ビジネスメッセ, けいはんなプラザ(京都府精華町), 2007年7月
   

「微量汚染物質としての有機フッ素化合物, 医薬品類, 身体ケア製品由来物質の河川中挙動や下水処理場での除去についての調査, 上記物質の分解方法に関する開発研究」, NEW EARTH2008(地球温暖化対策と環境ソリューション技術展および国際シンポジウム), インテックス大阪(大阪市), (2008.11.26〜11.28) 
   

1導電性多孔質セラミックスを用いた新排水処 理法、2土壌浸透法による水の浄化」,総合見本市 もうかりメッセ東大阪2010,大田区産業プラザPiO(東京都大田区)(2010.6.17〜2010.6.18)


  特許出願
   
 

尾崎博明, 山田修, 谷口省吾, 河崎大輔 : 廃水処理装置, 出願整理番号KP06041-26


 
  新聞

 

尾崎博明 : 産経新聞, 医薬品汚染 生態系への影響懸念 (2008.9.14)

 

尾崎博明 : 化学工業日報,「多孔質セラで電気分解 有機フッ素化合物に有効」 (2010.6.22)



総説・解説

 

尾崎博明, 谷口省吾 : 「環境中微量医薬品分析の現状と課題」, 環境技術, vol.37, No.12,
pp.8-12 (2008.9)

 

招待講演



尾崎博明,谷口省吾 : 「環境残留性有機フッ素化合物の分解・無害化」,日本産業機械工業会水懇話会(2010.2)



尾崎博明 : 「医薬品類と有機フッ素化合物の水環境中移動と処理技術について」,大阪府水道水質共同検査講演会(2010.11)



尾崎博明 : 「土壌汚染の現状と今後の対策について〜汚染した地下水・土壌の修復等〜」,地球環境技術推進懇談会(2011.1)



図書



「排水・汚水処理技術集成」,共著,(株)エ ヌ・ティー・エス,稲盛悠平,尾崎博明,菅原正孝ら多数, pp.165-171 (2007.5)



その他



谷口省吾 : 多機能セラミックを用いた水、土など環境浄化技術 , 科学技術振興機構(JST)関西8私大新技術説明会(2011.3.11)


 
Osaka Sangyo University. All rights reserved