研究目的 研究プロジェクト概要 プロジェクトメンバー 分析装置 研究発表 中間報告 最終報告
 
プロジェクトメンバー
   
 
工学部・教授:尾崎博明
医薬品類や身体ケア製品(PPCPs)等 の新たに問題となっている化学物質(以下、対象物質と記載)に対応できる下・排水処理用の膜分離微生物法を新規に開発するとともに、同対象物質を環境中か ら低減するためのシステムを構築する。
  (担当)下・排水処理新システムの開発担 当
   
工学部・教授:玉野富雄
  既存下水処理場からの対象物質の排出削減 に対応するために、分解能力を向上させた下水処理方法を開発する。
  (担当)下・排水処理新システムの開発担当
   
人間環境学部・特任教授:菅原正孝
  下水処理場や排水処理施設(工場、病院な ど)から排出された汚泥中の対象物質を加熱により気化、分解する新規の汚泥処理方法を開発する。
  (担当)汚泥・底質新処理システムの開発担当
   
教養部・教授:坂本清子
  物理化学的あるいは生物学的な分解に伴い 生成した分解副生成物を同定・定量し、分解効果を評価する。
  (担当)分析方法の開発と同定・定量担当
   
工学部・教授:水谷夏樹
  自然界(とくに大阪地域における水環境・ 底泥系)中における対象物質の消長(fate)と河川域での移送をモデル化し、物質負荷の増減に伴うリスクを評価する。
  (担当)環境中挙動とモデル化担当
   
人間環境学部・准教授:濱崎竜英
  水から汚泥への対象物質の移行と汚泥中で の分解効果を明らかにするとともに、特殊微生物利用による汚泥中対象物質の分解法を開発する。
  (担当)汚泥・底質新処理システムの開発・担当
   
九州大学農学研究科・教授:大島敏久
  放射菌及びバチルス菌の中から対象物質を 分解しうる微生物をスクリーニングするとともに、その遺伝子解析を通じて有用微生物の機能を明らかにする。
  (担当)微生物探索とバイオアッセイ担当
   
神戸大学医学部・准教授:白川卓
  対象物質の生態毒性をバイオアッセイ法等 により評価する方法を開発するとともに、病院排出中の対象物質の動態を明らかにする。
  (担当)微生物探索とバイオアッセイ
   
京都大学・准教授:藤川陽子
  河川・湖沼及びそれらの底質中における対 象物質の挙動を明らかにする。
  (担当)環境中挙動とモデル化担当
   
新産業研究開発センター・助手:谷口省吾
  対象物質の化学的分解方法について、新処 理方法の開発とLC-MS/MS、GC-MS等の質量分析装置による分析法を開発する。
  (担当)分析方法の開発と同定・定量担当
   
新産業研究開発センター・助手:高浪龍平
  対象物質の生態毒性をバイオアッセイ法等 により評価する方法を開発するとともに、病院排出中の対象物質の動態を明らかにする。
  (担当)微生物探索とバイオアッセイ担当
   
新産業研究開発センター・助手:Rabinndra.Raj.Giri
  既存あるいはスクリーニングした微生物に よる対象物質の分解特性を明らかにし、機能を向上させた下・排水処理用バイオリアクターを開発する。
  (担当)下・排水処理新システムの開発担当
 
Osaka Sangyo University. All rights reserved