大阪産業大学
トップ > 学部の紹介 > 工学部

工学部

機械工学科

製造機械から情報関連機器、ロボットなど私たちの生活に欠かせない工業製品。本学科では、これらの「モノづくり」を担い、次代の産業を支えるエンジニアを育成している。実際には、材料や熱などの四大力学の知識を確立すると同時に、モノづくりに必須のデザイン力を育む。また企業と連携した実習やコミュニケーション能力の養成にも力を入れている。材料・部品・製品の製造など、あらゆる工業分野の現場で活躍できる実用的スキルの獲得をめざしている。

交通機械工学科

交通機械工学科は、自動車やバイク、航空機、船舶、鉄道などの「乗り物」に特化したユニークな学科だ。機械工学をベースに材料や各力学から、車や乗り物の社会的役割、制御システムまで幅広く学ぶ。さらに現代工学の結晶といわれる「自動車」を教材に、実験・実習・演習等の実技を通じて技術を養成。現在、約6兆円産業の自動車分解整備業や造船業の製造ラッシュなど、技術者が求められるなか、次世代の「乗り物」を開発できる実践的エンジニアの育成をめざす。

都市創造工学科

人と自然が調和し誰もが快適で暮らしやすい都市を創造する技術者を育成する。一つの建物を建てるときには、建物自身の重さだけでなく、その土地の地盤や風、地震など自然の力とのバランスや環境との調和を考えなければなりません。都市創造工学科では、土木や建設、地盤などを基礎から学び、環境問題や地域の特性など、さまざまな側面の知識を高め安全で快適な都市創造を考える。2年次から卒業後の目的にわせた2コースを設定。JABEE対応の「土木・環境総合コース」、「まちづくりコース」を設定した。

電子情報通信工学科

携帯電話やパソコンなどの電子機器、ロボットやバイオ・ナノテクノロジーなど幅広いエレクトロニクスの世界。本学科では広く高度な知識・技術習得の基盤として、電子・情報・通信工学の3分野を深く学習する。3年次からは、電子機器やコンピュータに関わる「電子情報」と、通信・ネットワークに関わる「情報通信」の2分野に分かれて専門性を深める。データの測定・解析など豊富な実習を通じて、未来のユビキタス情報化社会を担うエンジニアを養成する。

情報システム工学科

「いたるところに存在する」との意味を持つ「ユビキタス」。「ユビキタス社会」とは、いつでも、どこからでも情報ネットワークにアクセスできる環境を指している。ユビキタスをはじめとする高度情報化社会で不可欠となるのが、情報処理・システム工学の最先端技術に精通した人材だ。本学科では、基礎技術の指導に重点を置き、ソフトウェア開発技術、ネットワーク技術、マルチメディア技術、組み込みシステムの各領域を網羅。多様な事業ニーズに対応し、力を発揮する技術者を育成する。

建築・環境デザイン学科 
(2008年4月 環境デザイン学科より名称変更)

建築・環境デザイン学科は、空気や光といった目に見えないものから都市や地域、建造物、モノに至るまで、すべての環境・空間をトータルに創造する力を養う学科だ。便利さや合理性だけでなく、快適性や安らぎといった精神性をも含んだ環境デザインを習得する。また作品創作や製図、コンピュータグラフィックスといった実習も多数用意し、クリエイティブなセンスやデザイン力、二級建築士受験資格など社会で役立つ知識とスキルを身につける。

学部・学科ニュース
  このページの先頭へ